Skip to main content

契約電力の決め方と計算方法

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

今回は企業などで利用する場合の、高圧需要家(500kW未満)の電気料金を決定する上で大事になる「契約電力」についてご紹介します。

契約電力とは

企業が使用した電力を30分ごとに計測し、その中で1ヵ月の間で最も多い値を最大需要電力と言い、この値は同時に使う負荷設備が多いほど大きくなります。

契約電力とは、過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値となります。電気使用開始から1年間の各月の契約電力は、電気使用開始月からその月までの最大需要電力のうち最も大きい値となります。

契約電力の仕組みとは

契約電力の計算方法ですが、例えば電気の使用を開始した〇〇年5月の最大需要電力が80kW、6月が90kW、7月が72kW、それ以降は最大だった6月の90kWを超えないで推移したとすると、その間の契約電力は最大値の90kWになります。

その後も常に1年間の数字に基づいて、その間の最大需要電力の値が契約電力として計算されます。過去1年間の実績をもとに契約電力を決定するため、公平で合理的な方法と言えます。

しかし、ある1ヵ月だけ突出して最大需要電力が高くなると、そこから1年間の契約電力は高い値で固定されてしまうので、できるだけ月間での差を大きくしないことが電気料金の節約につながります。

契約電力の料金と契約種別

東京電力の高圧業務用電力500kW未満の契約で見ると、基本料金は1kW当たり1,684.8円となっており、電気料金は7月1日から9月30日の夏季の料金が1kW当たり17.22円、それ以外の期間が、1kW当たり16.08円となっています。

契約電力の契約種別としては、東京電力の場合で見てみるとビル・商店・百貨店・スーパーなどを対象としたメニューには通常の業務用電力の他に、夜間や土日に電気の使用量が増える場所向けの業務用季節別時間帯別電力があります。

また工場などを対象とした通常の高圧電力Aの他に夜間や土日の操業か多い工場など向けの高圧季節別時間帯電力Aがあります。

他の電力会社でも契約電力の契約種別は、利用する立場にあった契約があるので、必要に応じて契約電力変更も視野に入れて電気料金の節約に努めるのも方法の一つです。

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力