Skip to main content

関東と関西の周波数はなぜ違うの?

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

海外に行くとコンセントの形が違いますが、日本でも場所によって『周波数』が違うのをご存知でしょうか?

実は関東と関西で周波数が違います。日本では静岡の富士川から新潟県の糸魚川を境に、東側は50Hz、西側が60Hzと分かれていますが、この歴史は明治時代からスタートしています。電力の供給が一般的になった明治時代に電力会社は海外から発電機を輸入していました。その時、東日本の地域はドイツから発電機を購入し、西日本の地域はアメリカから発電機を購入していました

この時のドイツ製の発電機は50Hz、アメリカ製の発電機は60Hzと周波数が違っていたことが今でも続いており、国内に2つの周波数が存在するようになってしまいました。

なぜ統一しないの?

電気事業が始まったばかりの明治時代であれば、発電機の違いによって周波数が違うのは仕方のないことでしたが、今では技術革新によって全国の周波数を統一することは可能です。

ではなぜ周波数の統一が行われなかったのかいうと、単純にコスト面の問題です。各地域の周波数に合わせた電化製品が作られていたため、発電機以外の製品の回収、または統一を行わなくてはなりません。

そのため、交換コストの面などからいまだに周波数の統一は行われていませんが、現在ではほとんどの電化製品がどの周波数でも使えるように製造されているため周波数が違ったままでも基本的に問題ありません。

周波数の違う地域への引っ越しなどで家電製品は使えるの?

関東から関西、その逆への引っ越しなどで周波数が違う地域に移動することも多々あるかと思います。現在の電化製品は非常に優秀に作られているので、周波数が違う関東や関西でも同じ電化製品を使うことができます。

しかし注意も必要です。安い家電や古い家電は周波数違いで動作不良を起こしたり、最悪の場合は故障したりすることもありえます。基本的には心配する必要はありませんが、そういった家電をお使いの方は事前に確認しておきましょう。

周波数を理解したら新電力に切り替えよう!

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力