Skip to main content

ネガワット取引とは?

電気は基本的に貯めることができないので、「同時同量」といって電力消費量と供給電力量を常に一致させ続ける必要があります。

電力需要が多い時間帯に節電して需要を減らせば、発電所で発電したことと同じ効果が得られ、需要家側からも需給バランスをとることが可能となります。こうした需要家節電した電力を取引することを「ネガワット取引」と言います。アメリカなどではすでに普及が進んでいます。

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

ネガワット取引

ネガワット取引では、各家庭が電力会社からの「節電要請」に応じて電気の使用量を減らすことによって報奨金が支払われます。例えば真夏の昼過ぎや真冬の夕方のように、電気の需要が高くなる時間帯に要請があり、その時間帯の使用量を抑えることでお金がもらえるという内容です。

ネガワット取引では、各家庭のそれまでの使用実績やその日の天候などを考慮して算出された使用量の「予測値」を使って、どのくらい節電に協力したかの判断をします。この予測値は、節電要請がなかった場合に各家庭が使用すると「予測された」電気の使用量で、この予測値と実際の使用量を比べて節電した電気量が判断されます。

予測の使用量 - 実際の使用量 = 節電量

ネガワット取引の社会的メリット

電気の使用量は、真夏の昼間と真冬の夕方に最も多くなります。この「ピーク」の時間帯は年間8760時間のうちの88時間程度(約1%)と言われていますが、国内の発電所はこのわずかな時間帯にも対応できるように準備されています。

ネガワット取引や「デマンドレスポンス」型の料金プランの普及によって国内全体で384万kW分の発電所の削減が期待されています。384万kWというと、原子力発電所4基分にも相当します。発電所を減らすことで様々なコストが減り、電気料金の水準が下がることに期待できます。

また、ピーク時間帯の電気使用量を削減する設備として、蓄電池や電気自動車の普及にも弾みがつきます。ネガワット取引を活用することで投資コストをより早く回収することができるようになることが見込まれるからです。こうした新しい技術の普及が進むことで、国内に新たな市場を生む効果も期待されています。

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力