Skip to main content

オフィスの電気代を効率よく削減するには?

近年、電力小売り全面自由化や新電力会社の参入などによって、中小企業やオフィスなどでも節電方法を見直すところが増えています。オフィスビルで特に電力を消費しているのは、空調電力や照明、パソコンやコピー機などのOA機器になります。特に空調の電力消費は全消費量の半分程度になることもあり、空調設備や照明、OA機器で消費電力の8割を占めることもあります。電気代を削減するためには、上記の設備の省エネ対策が特に重要になっています。

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

効率よく電気代を削減する方法

毎日必ず発生する電気代は、意外と身近なところから削減できます。一般的にどのオフィスでも実施されているのが、使用していない廊下や部屋の照明をこまめに消したり、室内の設定温度に注意したりすることです。

社内の照明でできること

オフィスでの節電を進める上で、照明はとても重要な役割を持っています。自動電源を導入して電気の消し忘れをなくす、昼休みの完全消灯、蛍光灯からLEDへの交換を行うなど、ちょっとした工夫で日々の電力消費を減らすことができます。

空調管理でできること

オフィスビルに限らず、多くの施設で最も多く電力を消費する空調設備ですが、快適な空間づくりには欠かせないものです。日射を遮るためにブラインドやすだれ、グリーンカーテンを活用して断熱性や保温性を高める、フィルターを定期的に掃除する、室外機周辺の障害物を取り除き、熱を排出しやすい環境を作るなど、空調設備を適切に使用することで効率的に節電できます。

新電力の導入でできること

2016年4月以降、企業・オフィスや一般家庭に対し、電力小売りが全面自由化になり、契約する電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。消費者のスタイルに合わせた電力プランを選ぶことができ、電気代削減に繋がるとして注目されています。

様々な面でコスト削減を行っており電気を安く提供することを売りにしているため、電気代削減のために電力会社を見直してみるのもいいでしょう。電気代削減には様々な方法があるので、何のために削減する必要があるのか、どんな方法が適しているのかを十分に検討し、実行することが大切です。

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力