Skip to main content

新電力の電力供給方法とは?

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

新電力が電力供給を行う場合、需要家がどれくらい電力を使用しているのか?どれくらい効率的に電力を使用しているか?などが、供給の可否を決定する大きな要因となっています。これを数値化したものが「負荷率」と呼ばれています。

一般的に、新電力が電力の供給を行う場合は25%から30%を目安に供給可能かどうかの判断を行っています。ただし、新電力の電力供給方法には全量供給と部分供給の2つがあり、電力の使用状況に応じて使い分けることで、高負荷率の需要家でも電気料金の削減を行うことができるようになっています。

全量供給とは?

一般的な電力の供給方法になります。現在の契約を新電力に切替えることで、使用する電気をすべて新電力からの供給に切り替えます。この場合、電気料金削減のメリットを大きく受けられますが、負荷率が高くなればなるほど削減が難しくなってきます。

負荷率が低い状態とは契約電力に比べて使用電力量が少なく、短期間で大量に電気を使用し、それ以外の期間は電気の使用量が少ない状態を言います。

例)9時~17時だけ電気を大量に使用し、それ以外の時間や休日は電気をほとんど使用しないビル・スキー場・季節によって使用量の増減が激しい民宿など。

部分供給とは?

経済産業省と公正取引員会が作成した「適正な電力取引についての指針」で認められている供給方法で、一般電気事業者(東電や九電など)と新電力の複数個所から電力の供給を受けることができます。

「負荷率」が高い場合、新電力だけで全量供給を行うことが難しくなります。負荷率=電力の使用効率なので、この値が高いと契約電力に対する電気料金単価が安くなり、新電力が電力の供給を行っても電気料金の削減がほとんどできないためです。

しかし、負荷率の高い需要家でも一ヵ月ごとの単位などで見ると、電力使用量がピークに達する時と使用量が少ない時に分けることができます。部分供給とはこの期間を、負荷率が低いとみなしその部分だけ新電力が電力供給を行う方法です。

例えば契約電力が500kWだった場合、300kWを一般電気事業者、残りの200kWを新電力と契約するといったことができるようになります。

ただし、電気料金の削減ができるのも新電力と契約した200kWに対してのみとなります。また、電気料金の支払先が2か所からになるため請求書などが少しだけ複雑になります。

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力