Skip to main content

電気代でよく目にする「従量制料金」ってなに?

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

契約している電気会社で様々なプランがありますが、電気料金(一般家庭など)のほどんどは定額料金と従量制料金を組み合わせた基本料金制に従った契約プランになっています。電気代の一部である「従量制料金」とはいったいな何なのか?計算方法や毎月の電気代を削減できる方法をご紹介いたします。

従量制料金とは?

契約している電気会社で様々なプランがありますが、電気料金(一般家庭など)のほどんどは定額料金と従量制料金を組み合わせた基本料金制に従った契約プランになっています。電気代の一部である「従量制料金」とはいったいな何なのか?計算方法や毎月の電気代を削減できる方法をご紹介いたします。

「基本料金」、「電力量料金」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」こちらの3つは毎月支払う電気代を大きくわけたものです。一般家庭向けの電気料金プランのほとんどが「電力量料金」を決める方法として従量制を採用しているため、一般的に従量制料金という場合はこの電力量料金(もしくはその一部)を指すことが多く、また従量制を採用している電気料金プランそのものを指している場合もあります。

従量制料金の計算方法

従量制料金(円)=電気使用量(kWh)×1kWhあたりの料金単価(円)
※1kWhあたりの料金単価(円)は各電力会社の料金プランごとに異なりますので、ご契約されている料金プランを確認してください。

例)先月の電気使用量(kWh)が480kWhで1kWhあたりの料金単価(円)が28円だった場合、従量制料金は「420kWh×29円=11,760円」となります。これが従量制料金の基本的な計算式になります。しかし実際の従量制料金を計算する場合は、もう少し複雑な計算式になります。

このように計算した従量制料金に「燃料費調整額」を加減した値がこの月の電力量料金になります。そしてこの電力量料金に基本料金と再生可能エネルギー発電促進賦課金を加えた合計の金額が、その月に請求される電気代となります。

従量制料金プランを見直してみよう

毎月の電気代を安くするためには、契約している電気料金プランの従量制料金部分を見直していくことが大切です。従量制料金の計算式のおさらいです。

従量制料金(円)=電気使用量(kWh)×1kWhあたりの料金単価(円)

電気使用量(kWh)を減らすには

し電気代を安くするには、1ヵ月の電気使用量(kWh)を減らすことで、従量制部分の電力量料金を減らし、電気代を安くできます。これが節電と言われている部分で、使わない家電製品や照明をこまめに切ったり、エアコンの設定温度を見直すなど電気代を意識した取り組みがこれに当たります。しかし、節電と言ってもなかなか難しい問題もあります。そこで以下の方法をご紹介します。

1kWhあたりの料金単価(円)を減らす

1kWhあたりの料金単価(円)を減らすことで、従量制部分の電力量料金を減らし、電気代を安くする方法があります。単純に1kWhあたりの料金単価が安い電力会社を選ぶというのも一つの方法ですし、また時間帯別の料金プランを利用するという方法もあります。

時間帯別の料金プランは、朝や夜など特定の時間帯の料金単価が安いプランです。ご家庭やオフィスで電気をたくさん使う時間帯の料金単価が低いプランに変更することで、従量制部分の電力量料金を安くすることができます。

従量制料金をしっかり理解できたら新電力に切り替えよう!

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力