Skip to main content

電力自由化によってどのように変わっているか?

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

電力自由化では、電力小売りの自由化、発電の自由化、配送電の自由化の3つに分かれます。これまでは、自分が住んでいる地域の一般電気事業者(東京なら東京電力)からのみ電力を買うことができるように法律によって規制されていました。

しかし、電力小売りの自由化により新しい新電力の会社が電力業界に参入できるようになりました。これからは、様々な会社の契約メニューや料金プランの中から自分に合ったものを自由に選べるようになります。

電力自由化によるメリット

電力自由化によるメリットは、自分で電力会社を選択できる、プランやサービスなどの選択肢が増える、電気の種類(太陽光などの環境にやさしい発電方法のもの)を選べることなどです。

自分で電力会社を選択できる

これまで、各地域で競争もなく独占され続けていた電力会社ですが、電力自由化によりいろいろな企業が新電力の会社として参入しているため、激しい競争が起きています。電力料金の低下、ポイント付与など料金面のサービスや、別の商品でのサービスを行うなど他の会社との差別化を行い集客する必要があります。

すでに多くの企業が小売電気事業者として登録されており、その中には石油会社やガス会社のみでなく、旅行会社や通信会社など全く異なる業種からの参入も続いています。

セット割などの選択肢が多くなる

セット割という自分の会社のサービスとセットにして電力販売を行っているプランを選択できるのもメリットの1つとなります。

通信会社の場合はインターネットや携帯電話とセットで加入することで電気料金がお得になるプランや、ガス会社の場合はガスとセットの販売で割引を行うプランなど、新電力のそれぞれの会社が得意なジャンルと電気料金をセットにしたプランを自由に選択できます。

電気の種類を選べる

自然エネルギーの風力発電太陽光発電で作った電気や、二酸化炭素の排出量が少ない電気など、環境にやさしい電気からも選択できます。

電力自由化によって電気料金安くなる理由

今までは電力料金を算出する際に、一定の将来の期間に想定される電力使用量を考えて、必要な原価に利益をプラスしたものを総括原価としていました。しかし、地域に従来からある大手電力会社には競争がなかったので、国による審査が行われていたものの、ある意味電気料金が電力会社の言い値のような形で設定されていました。

それが、電力自由化によりそれぞれの電力会社が競争する競争原理を採用することで、経営の更なる効率化が推進されています。電力事業ではそれほど収益がなくても電力業界の参入で企業全体の収益や売り上げを増やそうとする考えや、新規ユーザーを獲得し本業の売り上げを伸ばそうとする考えなど、企業の様々な思惑で競争が行われ、電気料金が下げられています。

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力