Skip to main content

新電力が安い理由とは?

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

電力自由化で、各法人が一般電気事業者から新電力へ切り替えている理由は「一般電気事業者よりも電力単価が安くなる」というメリットがあるからです。理由は大きく2つあります。

設備投資のコストの違い

一般電気事業者の場合は安定して電力を供給しなければならないので様々な設備投資・また管理費・修繕費が発生し、それを電気料金で賄う必要があります。

一方、新電力の場合は、別でメイン事業をもっているところがほとんどです。その利益の余剰分で発電設備を管理することができ、電気料金だけで設備投資費用を賄う必要がないので価格に差が出てきます。

設備投資に対する費用にそもそも大きな差があります。その費用を電気料金からのみで賄うするのか。それともメイン事業と電気料金の2種から賄うのか。この違いは「いくらの電気料金を請求すれば、設備投資費用を回収できるのか」という点に直結しているようです。これではおのずと、新電力の電力単価が低くなるのは納得と言えるでしょう。

基本料金のコストの違い

一般電気事業者は、電気料金プランを電力がピークになる時をベースに基本的にしています。ベースを電力がピークになる時にするため、電気料金が高くなります。今までは競争相手が一般電気事業者の場合はいなかったため、強気で希望するような電気料金の設定ができていました。電気を利用している人としても、電気料金が高くても一般電気事業者を使用するしか方法が無かったので納得する他、なかった事でしょう。

しかし、電力自由化によって新電力の会社が新しく電力業界に参入することで状況は従来とは違ってきました。新電力の会社は、一般電気事業者にとっては新たな競争相手になります。しかも、電気を利用する人にとってメリットがあるのは、新電力の会社は従来の一般電気事業者とは違った料金プランを採用していることです。

今までは、一般電気事業者の基本料金は、電力がピークになる際のものをベースにしていました。そのため、電気を利用する人の負担が電気料金の基本料金において大きくなっていました。一方、新電力の会社の場合は、一般電気事業者より安く基本料金をすることで電気を利用する人の負担が少なくなってきています。
そのような事もあり新電力に切り替える方がメリットが大きいと言えます。

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力