Skip to main content

高圧電力と低圧電力の違いってなに?

2016年から開始された電力自由化は大きく2つに分かれます。、「高圧電力」と「低圧電力」です。こちらの違いを知っておくと電力自由化についてより深く理解することができます。電力自由化は今に始まったことではなく、工場や病院、あるいはスーパーマーケットなどの大口利用者に対する高圧電力はすでに2012年から始まっていて、今回遂に一般家庭などの小口利用者に対する低圧電力にも対応しました。

大口利用者は高圧電力を利用し、小口利用者は低圧電力の利用になるということですが、なぜそうなるのか、また高圧電力と低圧電力の違いは何にあるのか、などについてです。こうした理由や違いを知っておくと、電力自由化を考える上で役立ちますよ。特に高圧・特別高圧契約をしている法人企業にとっては電力会社を切り替えるだけで約20%以上の電気料金を削減することができる点にも注目ですね。

無料見積り依頼へ
ご利用状況によっては数%~20%程の
電気代が削減できます!今すぐお見積り依頼を!

高圧電力と低圧電力の違いについて

電力自由化後、各電力会社が打ち出したプランは、契約電力が50kW以上の場合は高圧電力50kW未満を低圧電力と区分しています。主に高圧電力の対象になるのは工場、病院、デパートなど電気の使用量が多い施設です。低圧電力は一般家庭や小規模事業所のような、比較的少ない電力使用量の施設と言えます。高圧電力は6600Vで引き込んだ電力を使用したい電圧に変圧して使用しますが、低圧電力は電柱の上についているトランス(変圧設備)で電力を100Vや200Vに変圧して電力をユーザーへ送り届けています。

高圧電力にはキュービクルの設置が必要!

高圧電力の場合は、キュービクルと呼ばれる変圧設備を設置しなければなりません。キュービクルは、発電所から変電所を通して送られてくる6,600ボルトの電気を100ボルトや200ボルトに変圧する受電設備を収めた金属製の箱のことです。キュービクルは、多くの電気を必要とする商業施設や、店舗、工場、オフィスビルなど、様々な施設に設置されているます。

高圧電力と低圧電力では費用が大きく違ってきます

電力の費用には、設備の設置費用や維持にかかる費用と電力の基本料金からなる固定費用と、使用量によってかかる変動費用があります。この二つの費用について高圧電力と低圧電力での違いは以下の通りです。

キュービクルの固定費の違い

高圧電力の場合は、キュービクルの維持管理費用がかかります。定期点検など業者などに委託する費用が発生するからです。一方低圧電力は、設備はありませんから固定費に相当する費用はありません。

契約種別を確認しよう

電気会社の明細を確認してみて下さい。「契約種別」欄を見てみて、高圧の記載があれば高圧電力ですが、メニュー名は電力会社で様々のため契約種別をみても「高圧」という単語が記載されていないこともあります。その場合は、供給電圧が6kV以上かどうかを確認しましょう。6kV以上であれば高圧電力です。

高圧電力自由化は2012年に始まっている!

一般的な家庭は低圧電力の契約になるのに対して、工場、病院、デパート、マンションなど電力の大口利用者は高圧電力を契約します。大口の電力利用者も電力自由化以後は電力会社を切り替えると電気料金が圧倒的に安くなっています。事例では電気料金が29%も削減した方や年間数100万単位で電気料金の削減に成功した方もいらっしゃいます。

高圧電力の乗り換えでは業者選びを慎重に

高圧電力切替えで注意しておいて欲しい点は、業者の選択を誤らないことです。電力自由化を機に参入してきた新電力会社はまだ高圧電力に慣れていない会社も少なくないからです。そのようなところを選択してしまうと後々不安などが残ってしまいます。そうしたことがないように高圧電力に実績のある会社に選択することが大事です。なので選択する際は必ず複数会社のお見積りを依頼し一番合った新電力会社を見極めることをお勧めします。

高圧電力をご利用中の法人様、今が電気代大幅削減のチャンスです!

新電力が続々と参入しているのは低圧分野ばかりでなく、高圧電力も同様です。電気使用量が多い法人企業なら一般家庭のような「電気料金が5%安くなった」というレベルではなく、「電気料金が15%~30%削減できた」など大幅な削減も見込めます。一度、電力契約の見直しをしましょう!

簡単に新電力に切替える
電力コンサルタントがご案内!手間をかけさせません!
お気軽に新電力に切り替え可能です。
今すぐ無料お見積り依頼を!お待ちしています!

まだまだ、「電力会社を切り替えるのは手間がかかりそう」「本当に電気代が安くなるの?」と不安に思われている方も多いはずです。

新電力.comにお任せください!無料でお見積り作成をいたしますので、手間など一切かかりません。入力も簡単30秒で済みます!専門の電力コンサルタントが全国の電力会社から1番お得な電力会社をご紹介いたします。あなたの会社でも一度電力契約を見直してみませんか?

無料お見積り依頼(入力フォーム)

ご契約中の電力会社
会社名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
物件種別
ご契約中の電圧区分

新電力会社をお住いの地域の電力管内別で探す

お住いの地域の電力会社をお選びください!新電力会社を電力管内別でご覧いただけます。

北海道電力

東北電力

東京電力

中部電力

北陸電力

関西電力

中国電力

四国電力

九州電力

沖縄電力