Skip to main content

集中型電源

読み:しゅうちゅうがたでんげん

使われ方:集中型電源

用語解説

電力供給の形態の一つで、大規模発電所で大量の電気を作りそれを各地の消費地に送る方式。遠隔地の発電所があることで万一の事故の際の被害を抑えることができ、地代が安いことで建設コストも抑えられるなどのメリットがある。

用語集一覧へ戻る>>

電力コンサルタントが丁寧にご対応いたします!

フリーダイヤル 0120-257-2140120-257-214

今すぐ御見積り依頼をする