Skip to main content

三段階料金制度

読み:さんだんかいりょうきんせいど

使われ方:三段階料金制度

用語解説

昭和49年から採用された料金制度で、電気の使用量に応じて電気料金単価に格差が設けられている制度のこと。電気料金プランの使用量をうを第1段階~第3段階に区切り、段階に応じて値上げしていくことで電気の消費量を積極的に削減してもらう目的もある。

用語集一覧へ戻る>>

電力コンサルタントが丁寧にご対応いたします!

フリーダイヤル 0120-257-2140120-257-214

今すぐ御見積り依頼をする